収益不動産といえば

収益不動産ならここに聞け

収益不動産で資産運用を

収益不動産とは毎月一定の収入のある不動産、つまりアパートやテナントビルなどのことを指したり、投資した不動産の家賃収入から収益を得る目的で購入する物件のことです。どれだけの金額を預金しておいてもその金融機関が破綻した場合、1000万円までしか保証されないというペイオフが施行されました。そこで高利回りの高い収益不動産が今、注目を集めています。収益物件の運営は長い目で見たら、安定した家賃収入が得られる資金運用のひとつの方法です。

常に入居者のいる不動産

子育てしている夫婦にとって魅力的な不動産は、子供が通うことになる小学校への通学路が安全で、家賃を安く抑えられる物件です。建物としての魅力も大切ですが、子供が通学する道路の安全性が、賃貸物件の選ばれるポイントになります。マンションよりもアパートのほうが家賃設定は低くなります。子育てをしながら賃貸物件を選ぶには、家賃も重要です。家計面での支出として考えるとアパートのほうが入居希望者が多くなります。賃料が低い設定でも、常に入居者のいる不動産ならば、収益になります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 不動産投資をするならマンション All rights reserved