不動産の登記制度とは

不動産の登記について

不動産の登記制度の役割

土地や建物は同じものが二つとない性質があり高価なものです。従ってその土地や建物の取引をする際に対象物件が誰の持ち物で、他にどんな権利が付いているか、また面積や地目はどうなっているか等の正確な情報が必要になってきます。また道路や学校等の公共物を作る際、対象不動産の所有者や面積、建物種類や構造、床面積等の情報が必要になってきます。このように経済的側面や社会公共性的側面のニーズから不動産登記制度はその存在価値があります。

不動産は維持管理費がかかる

相続などにより、土地や建物など不動産の所有権を手に入れた場合、そのまま放置しておくと固定資産税がかかってしまい、維持管理だけにお金がかかってしまうこととなるので適切な管理を行っていくことが大切になります。土地の場合、駐車場として利用したり、太陽光発電装置を置いたりと、その土地の条件にあっている利用方法を探すことができるので、信頼できる不動産業者を見つけて、利用方法について相談すれば、維持管理費に見合う収入を得ることができるでしょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 不動産投資をするならマンション All rights reserved