マンションの購入

不動産マンションの購入

不動産会社からマンションを購入

不動産会社からマンションを購入する際に気を付けるべきなのが、きちんと説明通りの機能を備えているのかを確認すべき点です。必ずしも説明がきちんとなされる訳ではなく、よくトラブルになる傾向にあります。また、近隣に新しい建物ができる計画がある場合には、その眺望や日光がさえぎられる形となります。もし、マンションを購入する際にそれに期待していたのであれば、その事実はマイナスです。不動産会社も説明義務が一定程度あり、もしそのことを知っているのに答えない場合は、契約適切上の過失として不法行為責任を構成します。そのため、確認しておきましょう。

マンション購入について

最近は以前のように一戸建て住宅よりもその手軽さからマンション購入がブームとなっています。そこで購入の際何に注意すればよいのでしょうか?まずマンションには他の不動産と違い敷地権という敷地に関する権利があります、これは専有部分の面積による割合や土地の持ち分による割合によって規約で定められています。分離処分禁止で専有部分を処分する時はこの敷地権も一緒に処分することになるので確認が必要です。次に運営はすべて管理組合の規約によりますので、その規約を十分に確認して納得することがたいせつです。このように一般住宅にはない決まりごとが、ありますので不動産業者に充分確認することが重要です。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 不動産投資をするならマンション All rights reserved